■その音叉療法は大丈夫?間違った施術でこんな副作用が!危険です!

 最近、音叉療法の名前も少しずつ知られてきました。とても嬉しい進歩です。

 その反面、自己流で勝手に不勉強のまま施術する整体院・治療院・サロン、医療関係者までが乱立してきました。

 

 音叉療法の本来の良さを全部ぶち壊し潰すような、ありえない手法を使っているケースも増え、非常に残念。

 しかもレンタルサロンでは「音叉セラピーお断り」もあるとか。どれだけ迷惑する騒音を立てているのでしょう?

 本来、音叉療法・音叉セラピーは、とても繊細でエレガントなもの。静かで優美な心地よいセラピーです。

 

 もしあなたが受けた音叉セラピー・音叉療法が以下に当てはまるなら要注意!!

 これが音叉療法だなんて思わないで! 絶対に気をつけてください。

【間違った施術で発生する、あってはならない副作用】

 

 

 音波や振動の基礎理論、波動の特性原理を理解しているなら、絶対に大音量はNG!

耳をふさぐ

音波の構成要素である「音の高さ=周波数」と「音の大きさ=音量」は全く違うもの。

 治療のためには、周波数をきちんと振動させて長く維持することが大切。音量を大きくすることとはまったく別のことです。

 

 音叉療法は、むしろ、音量が小さいほど、効果がでます!

 

あなたは音叉セラピーを受けた後、こんな症状で嫌な思いをしませんでしたか?

 ・終わったあと頭が痛くなった

 ・耳が痛くなった

 ・気分が悪くなった

 ・吐き気がした

 ・すごく長く、ボーっとした時間が続いた。

 

へたりこむ

このような症状がでたら、それは間違っている証拠!!

また、この症状に対して

 「それは好転反応ですよ」

 「あなたが浄化されている証拠です」

 「あなたの中の悪い部分がでているからです」

 

など、

根拠の無いことを言ってごまかすのも、音叉療法治療者として失格です。

そんなことを言われませんでしたか?

 

 

 こんな治療をしていたら、施術者・セラピストも体調を壊します。

 そんなので、「音叉療法が悪い」、なんていわれたらたまりません。本末転倒です。

 音叉療法は、本来とても美しく繊細で心地良いもの。幸せなうっとりする時間

 優しくエレガントなセラピーです。

 施術者も癒され、クライアントも癒される素敵な治療です。

 

エステ仰向け

 そして同時に、世界中で注目されている最先端のホリスティック医療・統合医療です。

 

 

どうか、安易に自己流施術をしないで下さい。

きちんと基礎を学んでから他者に施術して下さい。

  施術者はクライアントに責任があると思いませんか?

 

男の子 みみせん