モニター施術症例

can you hear this?

【音叉療法モニター 施術症例】

 日本音叉療法協会の第1回モニターとしてお願いした方々の症例と経過を順次ご報告します。

 

 今回音叉療法モニターは以下の3種類の疾患を抱える方を対象としてお願いしました。
 とても辛いのに病院では対応してもらえない、そんな疾患ばかりです。

 

 

1、筋肉・腱・関節の症状→病院では鎮痛薬程度の対応しかしてもらえないもの
2、老化・退行性病変→老化だから、歳だから、で片付けられてしまうもの
3、難病→現代医学では投薬などの対応もできないもの

それぞれ、順次ご報告いたします。

 
 みなさん、音叉療法は全く初めての方ばかりですが、一様に、驚きの結果に感動されていました。

 

 そして、私も改めて音叉療法の持つパワーに感動させて頂きました。

貴重な、有難い記録を残してくださったモニターの皆様には心から感謝いたします。有難うございました!

 

(次回のモニター募集は4月以降となります)