葬儀ではどんな服装が必要?

親しい方が亡くなったという訃報をうけたときに、すぐにでも飛んでいきたいものですが、葬儀に私服で手ぶらで駆けつけるわけにはいきません。しっかりと哀悼の意を示すためにも服装や持ち物、葬儀場での礼儀をわきまえて丁寧に振る舞う事が大切です。

特に一番大切なのが服装です。一般的に葬儀には男性は黒のスーツに黒無地のネクタイ、女性は黒や地味な色のワンピースやスーツで、ストッキングも黒になります。また、アクセサリーは一連のパールのみ身に着ける事ができます。大人の男女の場合は喪服を持っていれば間違いがありませんが、困るのが学生や子どもが葬儀に参列する場合です。もしもの時に備えて喪服を準備する事もできないため、学生の場合、制服か白いシャツに黒や紺の地味なスカートやズボンを身に着けるのが一般的でしょう。

子どもの場合も同様に制服がある場合は制服を身に着けますが、無い場合や幼児や乳児の場合も、いつも身に着けているような普段着ではなく、葬儀に参列する事は特別な事という事を教えるためにも、ワンピースやシャツなど普段身に着けない特別な日に身に着ける服を着させる事が大切です。

一般的に乳児や幼児を葬儀の場に連れていくかどうか賛否両論がありますが、祖父母や可愛がってくれた親戚など子どもと面識があったりする場合はお別れをさせてあげるという意味でも連れて行ってあげる事も大切です。その場合、長丁場になりそうな時は早々に切り上げる事を事前に伝えておくなど、子どもが騒いで迷惑をかけてしまわないように参列する側がしっかりと配慮をする事が大切です。