葬儀に参列!香典の相場とは

家族を代表して葬儀に参列したり、会社関係の方や親しい友人など様々なケースで葬儀に参列する事が多くなってきます。その場合、事前にお香典を辞退する旨があった場合を除きお香典を持参して参列するのがマナーとなっています。持っていくのが当然と思っているお香典ですが、では実際にいくらくらい包んで持参すればいいのでしょうか。

故人とのつながりなどで金額の相場は決まってくるので勝手な判断で包み過ぎると相手に余計な気を使わせてしまったり、逆に少ないと知らないとはいえ恥ずかしい想いをしたと感じてしまう事にもなるため、お香典はそのつながりなどを重視して包むようにしましょう。お香典の相場は3千円~10万円で、そのつながりや持参する人の年齢によって変化していきます。

特に、自分自身が20代の場合は勤務先の上司や友人5千円、つながりが薄いその家族の方の場合は3千円~5千円が相場でしょう。これが、30代40代になると微妙に変化していき、40代だと直接的な知り合いの場合は1万円が相場と考えておくと便利です。また、お香典の額が高額になるのは身内に不幸があった場合です。故人が両親の場合20代で3万円~10万円、40代で5万円~10万円、50代になると10万円~と年齢を重ねるにつれて金額も変化するので、特に両親や親戚、祖父母が亡くなった場合は周りの親戚や兄弟に聞いてみるなどのリサーチも大切です。

お香典に関してはいきなりの訃報のため、痛い出費となるケースも多く聞かれます。いざという時にすぐに駆けつけるためにも、冠婚葬祭用の予備費を日ごろからしっかりと取っておくなどの家計の管理が大切です。