葬儀場で恥をかかないために…お焼香と故人との対面マナー

服装や持ち物全てのものをそろえて、いざ参列となってもあまり葬儀に参列した事がない人にとっては、会場に行ってからも不安だらけのケースも多いのではないでしょうか。実際に葬儀の会場について受付の仕方から始まりお香典を出すタイミングなど、いつどこで何を行えばいいのが中々わからずに困ってしまう事もあります。

特に受付などに関しては係の人に確認して進んでいけば済む事ですが、お焼香や故人との対面に関しては、いきなり促されてわからないままぶっつけ本番で行っている人も多いのではないでしょうか。お焼香が終わった後も、正しかったのかどうか微妙なまま後にする事もあるでしょう。いざ葬儀に参列したときに、戸惑わないためにもまずは葬儀に関するマナーはもちろん、案内の方が何を言っているかわかるようにお焼香や故人との対面などがある事を知っておくと、いざという時に焦らずに対応する事ができるでしょう。

まず、全ての人が行うお焼香も仏式の場合でも宗派によって異なってきます。一般的にどの宗派の場合も参列する人が多い場合1回のみでお願いしますという声がかかる事があります。その言葉の意味が解っていないと聞き流してしまいがちですが、お焼香は宗派によって1回~3回行う場合があるという事を知っておく事が大切です。お焼香のマナーとしては、まず遺族に一礼してから祭壇に向かって一礼、焼香、正面に向かって合掌、その後遺族に一礼して下がるのが一連の流れとなっています。

故人との対面の場合、多くは斎場で行われるため故人の棺から見えるお顔を見る前に故人に一礼して対面、その後故人にもう一度一礼して最後に遺族に一礼してから下がるのが流となっています。