電磁波過敏症

頭痛女性

「電磁波過敏症」と音叉セラピー 

 

 同じような体験をされている方も多いのではないかと考え、

 米国音叉療法チューニングフォークセラピー®認定プラクティショナーの体験談を掲載します(すべて原文のまま)

 

 原因不明の体調不良に苦しんでいた彼女が行き着いたのは病名「電磁波過敏症」。

 そしてそのとき、学んだ音叉が役に立ちました!

 

 電磁波は目に見えないだけに、その被害はうやむやにされがちです。

 あなたに思い当たることはありませんか?

 

パソコンOL

 

■野口真由美さんからのメッセージ

  (米国音叉療法国際認定プラクティショナー  女性・セラピスト・30代)

 

「去年私は得体の知れない体調不良に襲われました。

とにかく疲労感がすごく、身体がだる重い、寝ても疲れがとれず、時々耳鳴りがあり、家では家事をする以外は横になり休んでいるということがほとんどでした。

 料理をしては疲れて横になり、掃除機をかけては横になり、そして仕事から帰ると体は鉛のように重く動けない。

 ・・・・・が、主人からは「具合が悪そうには見えない」と言われ、辛かったです。

 

 後に、専門のクリニックで「電磁波過敏症」と診断されたのですが、それまでは原因がわからず本当にしんどかったです。

 「電磁波過敏症」は、一見普通に見えるので、患者のみなさん周囲に理解されず、とてもつらい思いをしている方が多いそうです。

 

 電磁波が原因とわかるまでは、私は高いサプリを飲んだり、食生活を気をつけても変わらず、どの病院のどの科に行って良いかわからず、身体がしんどい日々を送っていました。

錠剤

  ある日、仕事を終え、家に帰るともうぐったりと、とてつもなく身体が重く、体に力が入らない、動けなくなってしまいました。

 

 しばらく横になっていて、ふと、近くにおいてあった音叉に目がとまりました。

 もう何でもいいから・・・と、とりあえず耳に音叉を当てているうちに、見る見る視界が開け、

身体がウソのようにスッキリ軽くなったのです。

 

 体に力が入るようになり、今までは何だったのだろう?!と感じるくらいでした。

 

 身体がこんなに楽になるとは自分でも驚きました。たった15分ぐらいです。

 

 電磁波も音叉も目に見えない周波数です。

悪い電磁波で乱れた身体の周波数を良い音叉の周波数で正常に整えてくれたのでしょう。

 

 私はエステティシャンとしてお客様のためにと学んだ音叉でしたが、

 現在は自分自身に最も活用しております。

 薬も病院にも頼らない生活を送れており、音叉には本当に助けられ癒されています。

 

 「電磁波過敏症」の方は、専門のクリニックに行っても、

ドクターからアドバイスを受けるぐらいしか対応してもらえません。

 かといって、現代社会で電磁波の無い生活をおくることは100%不可能です。

 

 「電磁波過敏症」の方はもちろん、

なんとなく身体がだるい、重い、疲れがとれない・・など原因のわからない不定愁訴のある方は、

是非一度音叉セラピーを試していただきたいです。

良い方向へきっと変わります。

 

 今後は、自分の辛かった経験を生かし、音叉でいろいろな方の身体と心の健康をサポートさせて頂きたいと思います。」

 

☆良かったですね!是非同じような悩みを抱えている多くの方をサポートしてくださいね。

 

 

どこでもどあ